专业及社会活动

一帯一路:王正洋弁護士は、ゲストとしてイスタンブールで開催された「トルコ・中国経済貿易協力フォーラム」で講演

发布日期:2018年11月05日

 

君澤君法律事務所のシニアパートナー弁護士王正洋は、トルコのオカン大学(Okan University)の要請に応じて、現地時間2018年10月30日午後、イスタンブールで開催された第3回「一帯一路 トルコ・中国経済貿易協力フォーラム(Turkey-China Economic Forum)」に参加し、「トルコ企業家が中国に投資する際の法的リスクの予防」について講演しました。この講演を通じて、トルコ企業家の中国投資を推進し、トルコ・中国貿易の発展を促進することを目的としています。

王正洋弁護士は、国境を越えた投資領域において豊富な実務経験を持ち、複数の国の政府機関と良好な協力関係を持っています。2011年、王正洋弁護士は、トルコ共和国の総理府投資促進局中国区の首席代表を兼任し、中国企業家がトルコへの投資を積極的に支援しました。

 

 

 

今回のフォーラムで、王正洋弁護士は参加者に新しい情勢下における中国への投資機会を紹介しました。中国政府は、外商投資の自由化、便利化を積極的に推進しています。金融、自動車、鉄道、電力ネットワーク、ガソリンスタンドなど22分野で一連の重要な開放措置を打ち出しています。これらの分野は外国投資の新しいチャンスとなるでしょう。同時に、中国はサービス業と消費主導の時代に入っています。将来、中国の消費・サービス業には大きな投資チャンスが訪れます。養老産業、情報ソフトウェアと情報技術サービス業にも巨大なビジネスチャンスがあります。また、中国政府は環境保護をますます重視するにつれて、エコ産業では非常に良い投資チャンスがあります。

 

また、王正洋弁護士は外国投資企業が中国で投資する実務経験を結びつけて考えて、トルコ企業が中国で投資する際の注意点、チャンスと困難を紹介しました。
 

国交を樹立して以来、中国とトルコは良好な経済貿易関係を維持してきました。中国は現在、トルコの第十四位の輸出市場と第一位の輸入先となっています。開放的な中国はトルコ企業家に大きな発展のチャンスをもたらします。我々は、トルコ・中国両国の貿易はきっとよりよい時代を迎えていると信じています。


 

このような背景のもと、君澤君法律事務所は海外の企業家に対し、中国での投資と貿易に優良なリーガルサービスをご提供し、両国の相互利益の協力を深め、チャレンジに挑み、ウィンウィン(win-win)の関係を構築させ、両国の経済発展を促進するために努力していきます。

分享 :

クレーム電話:

  • +86-10-6652 3307

問い合わせ電話:

  • 北京:+86-10-6652 3388
  • 上海:+86-21-6106 0889
  • 深セン:+86-755-3398 8188
  • 広州:+86-20-2801 6788
© 1995-2021

君澤君律師事務所は当ホームページに関する著作権を有します。

君澤君の香港ブランチはニクソン・鄭林胡律師事務所と共同経営します。