专业及社会活动

君澤君法律事務所2020国際ビジネス協力交流会を成功裏に開催

发布日期:2020年01月19日

2020年1月14日、君澤君法律事務所上海オフィス及び上海雅紅莉商務諮詢有限公司が共同主催し、嘉興経済技術開発区管理委員会、成都市政府駐上海代表処、成都市成華区人民政府の協賛による「2020国際ビジネス協力交流会」が上海花園飯店にて成功裏に開催されました。君澤君上海オフィスにとっては、第7回目となる今回、成功裏に開催することが出来ました。

 

トルコ駐上海総領事館総領事Sabri Tunc Angili様、フィジー共和国駐上海総領事館総領事Yok Yee CHAN様、日本駐上海総領事館副総領事等々力研様、メキシコ駐上海総領事館執行総領事Carlos Valera様、ルーマニア駐上海総領事館執行総領事Crisan Gheorghe Ioan様、ポルトガル駐上海総領事館商務領事Mario Quina様、そしてハンガリー駐上海総領事館商務領事Kovacs-Manninger Maria様が、それぞれ招待に応じて今回の国際ビジネス協力交流会に参加して下さいました。

 

嘉興経済技術開発区管理委員会副主任兪亜明様、嘉興投資促進センター主任裘東来様は、嘉興の政府官僚を率いて、また、成都投資促進センター局長李長文様、成都市成華区区長蒲発友様は、成都市及び成華区のメンバーを率いて、それぞれ今回の国際ビジネス協力交流会に参加して下さいました。

 

そして、今回の交流会では、日本、トルコ、ドイツ、韓国、アメリカ、スペインの関連機構や企業から数十名もの代表者の方々が参加されるとともに、中国の大手国有企業、上場企業、優秀な民営企業等の代表者の方々百数十名を加え、参加者は全体で200名を超える規模となりました。参加者の皆様がそれぞれお互いの交流を深め、今後のビジネス協力について十分な意思疎通を行う上で、本交流会が少しでもお役に立つことが出来ましたらそれに勝る喜びはありません。

 

君澤君法律事務所上海オフィスのシニアパートナーである王正洋弁護士は、今回の国際ビジネス協力交流会において、キーノート発言を行うとともに、君澤君が2019年に取得した成果を参加者に紹介し、2020年において中国の「一帯一路」政策が引き続き更に発展していき、中国の対外開放もそれに伴って進化していく旨、述べました。


2020年1月1日に施行された「外商投資法」は中国のより高い投資自由性や便利性を確保するものです。君澤君は、国内における大型総合法律事務所として、良質な法的サービスを提供する一方で、長期にわたってビジネスプラットフォームの構築に取り組んでいます。王正洋弁護士は、2020年に更に多くの中国・外国企業の国際貿易と投資に対して引き続きサービスを提供していくことを表明しました。


嘉興経済技術開発区管理委員会副主任兪亜明様は、今回の国際ビジネス協力交流会において挨拶をされ、嘉興は中国共産党の誕生地であり、その地理的な位置、付帯施設、産業政策、資源物産等各方面において突出した優勢を備えており、より多くの外資企業を嘉興に誘致したいと表明されました。併せて王正洋弁護士が嘉興と企業との間のプラットフォームを準備したことに対して感謝の意を表明されました。


また嘉興招商局を代表して李威様より、嘉興の魅力を参会者に十分伝えるべく、嘉興の優れた投資環境及び政策についての紹介が英語でなされました。


成都成華区区長の蒲発友様からは、近年の成都が投資者を迎え入れるため、どのような重要な措置を採っているのかということについての紹介がなされました。成都は中国中西部第一の大都市として、中央アジア、西アジア、更にはヨーロッパへと繋がる枢要な位置にあり、とりわけ成華区は著名な大学や科学研究所を擁しているところから、成都市の科学技術エリアとなっているほか、パンダ育成基地として世界的にも著名なところです。成華区は豊かな資源物産、優れた産業政策を備えているところから、企業にとっては中国中西部にあって生産や研究に向けて投資する際の最適な選択肢であると言えましょう。


中国石油西気東輸公司は、中国石油直属の地域公司として天然ガスパイプの生産、運営及び工程建設を担当しており、総資産は約一千億元にもなります。長い間、君澤君では、中国石油西気東輸公司と協力関係を維持し同公司に対して良質で信頼できるリーガルサービスを提供しています。


日本方面では、上海日本商工クラブ事務局長中村仁様、MUFGバンク(中国)有限公司副行長元植修治様及び日本駐上海総領事館副総領事等々力研様よりご挨拶を頂戴し、君澤君の日本の顧客に対するサービスを高く評価いただきました。近年日中両国関係は「新時代」に入り、中国の事業環境は外資企業にとって一層魅力的なものとなっています。


ポルトガルにとって中国はアジアにおける最大の協力パートナーであり、エネルギーや金融等幅広い分野で90億ユーロを投資しています。経済グローバル時代において、ポルトガルの対中輸出量が増大し、中国との友好関係が一層強化される中、中国人弁護士もより大きな役割を果たして欲しい旨、期待が述べられました。

君澤君法律事務所は、国内における大手の総合法律事務所として、良質な法的サービスを提供している一方で、長期にわたってビジネスプラットフォームの構築にも積極的に取り組んでいます。君澤君は自らの優位性を生かし、国内外企業の国際市場開拓を積極的に支援しています。近年、君澤君の国際渉外法律サービスチームは、国内企業の海外M&A、債券発行、海外融資、海外建築プロジェクト、国際紛争処理などの分野で、優れた法律サービスを提供しており、クライアントの皆様から好評を博しています。また、君澤君は国内外の企業に対して付加価値のあるサービスを提供するとともに、中国地方政府の外資誘致を積極的に支援し、クライアントとパートナーのためにビジネス交流のプラットフォームを構築して、潜在的な投資プロジェクト、パートナーや代理企業発掘に向けて努力をしているところです。

分享 :

クレーム電話:

  • +86-10-6652 3307

問い合わせ電話:

  • 北京:+86-10-6652 3388
  • 上海:+86-21-6106 0889
  • 深セン:+86-755-3398 8188
  • 広州:+86-20-2801 6788
© 1995-2021

君澤君律師事務所は当ホームページに関する著作権を有します。

君澤君の香港ブランチはニクソン・鄭林胡律師事務所と共同経営します。